大島優子が号泣して退席した件について。

この記事は3分で読めます

つい先日、AKB48の大島優子さんが

いま話題の映画『悪の教典』の特別上映会に出席し、

観賞後、肩を震わせて号泣しながら退席し、控室に戻ったという報道がありました。

 

その後の発表で大島優子さんは、

「私はこの映画が嫌いです。人の命を大切にしないことは、認めません。
命が奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。
『映画だから』と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、私はダメでした」

 

という批判コメントをしたということですが、

このニュースは見たでしょうか?

もし見てたなら

「おー何かAKBが映画の批判してるよー」

と少し食いついたのではないかと思います。

 

まあ、これはあくまでも僕の見解なのですが、

今回の一連の騒動はいわゆる『炎上マーケティング』

ではないかと思っています。

 

炎上マーケティングとは、

商品とかサービス、あるいは人(芸能人など)を宣伝すために

故意に批判されるような言動を行うことで、

注目を集めて認知度を上げたり、売り上げを上げようとするものです。

 

たとえば、『ステーキ&ハンバーグ』『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』

などの洋食レストランを運営している

年商160億円の株式会社エムグラントフードサービスの社長である井戸実さんも

この炎上マーケティングをたまにやっています。

 

そもそもこの方はかなり毒舌で、ブログやツイッタ―などでニートを批判したりしているのですが、

この方法で2ちゃんねるなどを炎上させて自身の有料メルマガに誘導したりしています。

 

この件については本人が以前インタビューを受けた時に

メルマガに誘導するためにわざとやっていると言っています(笑)

 

 

少し話がそれましたが、

普通、こういう特別上映会に出席した芸能人は映画を大絶賛するものです。

凄く面白いとか、感動して涙が止まらなかったとか。

たとえそうでなくても普通はつまらなかったなんて言えませんからね(笑)

 

ですがこれでは”お決まり”といった感じで、

特に大きな話題になることはありません。

 

しかし、今回の大島さんの場合は、

「私はあの映画は嫌いです。」などと映画の批判コメントをすることによって

ニュースで取り上げられ、2ちゃんねるやtwitterなどに拡散されていき、

色んなところで話題になり、みんなから注目を浴びます。

 

Aさん「ねえねえ、大島優子が特別上映の後に号泣して

会見に出席しないで控室に戻っちゃったらしいよ~」

 

Bさん「え!?何で?」

 

Aさん「なんかね、映画でめっちゃ人が殺されてそれが嫌だったらしい~

それで私はあの映画が嫌いですってコメントしたんだって!」

 

Bさん「え~そうなの!?それなんていう映画?」

 

Aさん「伊藤英明が出てる悪の教典ってやつ!」

 

Bさん「そんなのやってるんだ!なんかどんな映画か気になるね~

観に行ってみない?」

 

Aさん「良いね!私も気になるから観てみたい!」

 

 

と少し雑だったかもしれませんが、

このように大島優子の騒動と共に映画の認知度が上がります。

そして、「どんな映画なのか気になるから観に行こう」という人も出てくるので、

結果、劇場総動員数が上がり利益に繋がるということです。

 

 

もちろん今回の大島さんの件は彼女の本当の気持ちなのか

炎上マーケティングだったのかはわかりません。

まあ、AKBの掲示板などではまたかといったようなコメントがたくさんありましたが…

 

 

ちなみに僕はこの悪の教典を公開された次の日に観に行ったのですが、

感想は「う~ん…」といった感じです。

前半は過去のこととかなんだかよくわからない感じで、

後半はひたすら人が殺されていくといった内容です。

 

それと、観終わった後の疲労感は半端なかったです(笑)

なので個人的にはわざわざ映画館で観なくても良いかな?と思いますね。

 

ただ、今回の炎上マーケティングも含め、予告編動画やキャッチコピーなど、

プロモーションがめちゃめちゃ上手いなと思います。

サイトに予告動画などあるので見てみてください⇒『悪の教典』公式HP

 

そして日常生活の中でもちょっと視点を変えるだけで、違ったものが見えてきます。

テレビを見る時もそういう意識を持っておけば、色々と新たな発見や面白い発見がありますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト運営者:中川侑人


19歳の時に専門学校を退学し、日本を離れオーストラリアへ。
海外生活中にこれからの人生の生き方を見出し、帰国後インターネットを使ったビジネスを始め会社を設立。
会社に勤めなくても個人がインターネットを使ってビジネスをして、好きなことをしながら自由な毎日を送れる人を増やす活動をしています。

【活動内容】
・WEBコンサルティング
・WEBデザイン制作
・コンテンツ販売
・アフィリエイト
・留学エージェント業 etc...

【コンサル生の指導実績】
20歳の大学生が5ヶ月でアフィリエイト報酬610万円を達成。お子さんのいるサラリーマンがデザインで月150万円稼げるようになり脱サラなど、 多くのコンサル生が数十万~数百万の結果 を出しています。

【好きなこと】
僕は高級車に乗りたい、高級時計をつけたいといった物欲は全くなく、 国内海外問わず色んな場所へ旅行をしたり、新しい体験することに価値を見出しています。




実績


・会員制コンサルサービスの募集で1200万円の売上げ
・プロモーションによる企画販売で5日間で800万円
・和菓子屋、美容院、ネットショップなどへのWEBコンサルティング多数(案件により報酬は異なる)
・弊社がデザインや設計、文章作成などを行ったセールスレターからの売上合計は数十億円以上 etc...

中川侑人の販売商品:MeVIUS-メビウス-

販売本数1800本突破!!!

ソーシャルブックマーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る